在籍確認は必要?

MENU
在籍確認は必ず必要なの?

在籍確認って何?

在籍確認とは申告された勤務先に申込者が本当に在籍しているのかを確認するための作業のことを言います。在籍確認が完了するとほぼ審査を終えることができたと考えていいでしょう。個人信用情報に特に問題がなければスムーズに銀行系カードローンに契約することができるでしょう。

基本的に在籍確認の電話は個人名でかかってくるため、会社の人に銀行系カードローンに申し込みをしたことが知られてしまうことはありません。

個人名で在籍確認電話
ただし銀行系カードローンについては銀行名で電話がかかってくることもあるため、気になる方は事前に個人名で電話をかけてもらうように伝えておきましょう。



必ずしも申込者本人が電話に出る必要はなく、在籍していることがはっきりとすれば在籍確認は完了。担当者は第三者に用件をたずねられたとしても、銀行系カードローン申し込みの電話ですと答えることは絶対にないので安心してください。

在籍確認ができないと銀行系カードローンに契約することはできません。

営業でずっと外回りに出ている、事務所の電話が繋がりにくい、パート・アルバイトなので勤務日が限定されているなど事情がある方は在籍確認ができる日時を相談しておくとスムーズです



銀行系カードローンって確認は必須なの?

口コミを見ると在籍確認に不安を感じている方はかなり多く、どうにか在籍確認無しで銀行系カードローンに契約したいと相談する方がいました。基本的に在籍確認をせずに銀行系カードローンを利用することはできません


ただし一部の方は在籍確認をせずに銀行系カードローンに契約できる場合もあり。例えば専業主婦の場合はそもそもお仕事をしていません。

専業主婦OKの商品は配偶者に安定継続した収入があれば、申込者本人に収入が無くても契約可能。配偶者の勤務先に電話がかけられることはありません。

配偶者に安定収入があれば専業主婦でも契約可能


ただし配偶者の収入を大きく申告するなど虚偽の申告は厳禁。専業主婦(主夫)からの申し込みについては、配偶者の信用状況が大きく審査結果に左右されます。少しでも不自然だと判断された場合審査に通ることはできないので注意してください。


ご自身に収入がある方については、正社員、パート・アルバイト、派遣勤務など勤務形態に関わらず原則として在籍確認が行われます。ただし一部の申し込み方法については在籍確認を一時的に回避して契約できる可能性があります。


都市銀行系のカードローンは無人のローン契約機を使った申し込みに対応しています。無人契約機は平日の17時以降、土曜日や日曜日そして祝日も手続き可能です。

お仕事先の営業時間が限定されている場合、その時間帯に申し込み手続きを進めることで、一時的に在籍確認を回避して契約手続きを進めることができるのです。


ただしこの方法は希望の限度額から大幅に減額されることがほとんど。また翌日の営業時間内に勤務先の確認が取れない場合、カードローンが利用停止されることもあります。

確認できないまま放置してしまうと虚偽の申告をしたとして、今後新規に銀行系カードローンに申し込みをする際に悪影響をもたらすデメリットがあるため要注意。
在籍確認をしたくないからとウソをついたり、はぐらかしたりすることは厳禁です。



この他にも給与振込先の預金口座がカードローンの支払い口座と同一の場合、在籍確認をせずに銀行系カードローンに申し込むことができます。できるだけ在籍確認をしたくないという方はお給料が振込みされる銀行の商品を一度チェックしてみるのもおすすめです。


銀行系カードローンの在籍確認の流れ

初めてカードローンに申し込みをする方にとって在籍確認はとても不安が大きいもの。銀行系カードローンの在籍確認の流れを理解すれば、そのような不安もきっと解消できるはずです。在籍確認さえ完了すれば手続きはとてもスムーズに進んでいきます。

まず在籍確認が行われるタイミングですが、申し込み直後、仮審査中、仮審査完了後、本審査中、契約前と申し込みをする銀行系カードローンによって違いがあります。ほとんどの場合、仮審査完了後から本審査中の間に在籍確認が行われています。

電話は基本的に午前9時から午後5時の間にかかってくることが多いです。日時を指定したい場合は事前に伝えておきましょう。電話対応の時間は長くても5分程度。申込者本人が不在であっても、会社に在籍していることさえ確認できれば問題ありません。

本人が電話に出た場合は氏名や生年月日をたずねられ、本人であることが確認できればそれだけで電話は完了します。第三者が電話に出た場合、本人が居るかどうかたずねられます。電話に出られる状況でない場合、勤務中であることが分かれば問題ありません。

ただし同姓同名の方がいる場合や働き始めて間もない場合、派遣先の企業を申告した場合などは確認がスムーズにできないことがあるので要注意。お勤め先が正しいことさえ確認できればいいので、不安なことがある方は事前に伝えておきましょう。

電話で難しい質問をされたり、長々とカードローンについての案内を受けたりすることはありませんから安心してください。