銀行系カードローンの審査

MENU
銀行系カードローンの審査の流れとは

なぜ審査が必要なの?

収入が無ければお金を借りても返せるお金がありません。

すでに借入残高がある場合、追加でお金を借りることで返済が追いつかなくなってしまう可能性があります。短期間で転職を繰り返すと収入は安定しません。短期間に多数のローンに申し込みしている時はお金に困っているのかもしれません。

お金を返せる見込みの無い人にお金を貸す人はいないでしょう。審査は返済能力の有無を判断するために必要なのです。


ただし仮審査の時点で銀行に届く情報は申込者の自己申告。そのため本当に申告された内容が正しいものであるのかも合わせて確認しなくてはいけません。

審査では属性に対する返済能力の有無だけでなく、銀行系カードローンの申込者が本当に信用できるのかも厳しく判断されています。

銀行は利息によって利益を得ています。利子を少しでも長く払い続けてくれるような人にお金を貸すことが銀行の利益に繋がります。少しでも利益が得られる可能性を高め、かつ貸付側のリスクを抑えるために審査は必要なのです。

もちろん審査は貸付側にだけに必要なものではありません。過剰な借入は多重債務に繋がります。審査を行うことで申込者の健全な生活を守っているのです。

低金利な銀行系カードローンは日々の暮らしを支えてくれるパートナー。正しい審査を受け賢く銀行系カードローンを活用することが大切です。

審査は申込者の返済能力と信頼性を見る


銀行系カードローンの審査の流れ

最近ではコンピューターによるスコアリングシステムで仮審査が行われることがほとんど。銀行系カードローンに申し込みをすると即座に仮審査が行われることが一般的です。仮審査は早ければ最短30分で完了。多くの銀行系カードローンが翌営業日には結果を通知しています。

仮審査ではすでに登録されているよく似た属性の利用者の評価を基に、申込者自身の属性を数値化。スコアリングされた数値が高いほど評価は高くなりその分銀行系カードローン審査に通りやすくなります。

ただし仮審査時に申告した情報は自己申告となるため、本当に申告された内容が正しいのかどうかは機械だけでは判断できません。そのため申告内容に間違いがないかどうか、そして信用できる人物なのか最終判断をするために本審査を行うことになります。

本審査は信用情報機関に登録された情報を照会するため少し時間がかかります。信用情報には本人を特定できる情報(氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先、運転免許証の番号など)、契約内容(契約年月日、貸付金額、貸付残高、支払い遅延の有無など)が登録されています。

本審査ではこれらの情報を参照することで虚偽の申告は無いかどうか、支払いが遅れたことは無いかどうか、借入残高の有無、収入に対する返済のバランスなどを判断。特に問題がなければ晴れて銀行系カードローン審査に通過することができるのです。

ここで忘れてはいけないのが勤務先を確認する在籍確認。在籍確認が行われるタイミングは銀行系カードローンによって違いがあります。仮審査の申し込みをした後は、いつでも電話を確認できるように注意しておきましょう。



基準が甘いカードローン

銀行系カードローンをスムーズに契約するには、少しでも審査落ちのリスクを抑えることが重要。銀行系カードローンの審査基準が甘いかどうかは、まず申し込み条件と保証会社を確認してみましょう。

消費者金融と比較すると銀行系カードローンの金利はかなり低め。ユーザーにとってメリットが大きい分、銀行はリスクを抑えるためにより厳しい基準で申込者を判断しています。
霧は低めだが審査基準は高め

まず着目したいのが申し込み条件。年収400万円以上、勤続年数3年以上など申し込みできる対象が限定されている場合、これらの条件を満たす方は最初から評価の高いクラスに属することになりスコアリングの数値も高くなります。


他社からの借入残高や返済履歴に問題がなければ、ハイクラスの銀行系カードローン審査に落ちてしまうことはまずありません。銀行では複数のカードローンを扱うことがほとんど。自分の属性に合った商品を選ぶことが銀行系カードローン契約の秘訣です。

次に着目したいのが保証会社。銀行系といっても本審査を行う保証会社はクレジットカード会社や信販会社、消費者金融とさまざま。

保証会社の中でも最も基準が甘いと言われているのがアコム株式会社やプロミスが有名なSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。消費者金融を運営する保証会社はスピードが早く、また比較的柔軟な審査を行ってくれるとして注目が高くなっています。


この他にも小さな限度額から契約できる銀行系カードローン、即日融資に対応した銀行系カードローン、インターネット銀行、パート・アルバイト、学生からの申し込みに対応した都市銀行系カードローンなどは基準が甘いとして人気があります。

もちろん基準が甘いからといって、誰でも簡単に契約できるわけではありません。申し込みの時には虚偽の申告をせず、ご自身の収入と借入のバランスを比較し、しっかりと返済計画を立てることが必要です。