MENU
モビット(モビットカード)が他のカードローンと違うわけ

最短10秒のスピード審査!モビット(モビットカード)


モビット


モビット(モビットカード)は限度額1万円から500万円。少額融資を希望する方も申し込みしやすいメリットが特徴です。融資金利は年率4.80%〜18.00%。他社と比較すると一般的な金利手数料となっています。

モビット(モビットカード)はWEB完結可能手続きの早さが最大のメリット。消費者金融に不安を感じる方も、三井住友銀行グループのモビット(モビットカード)ならば安心しやすいのではないでしょうか。


借入は提携ATMからのキャッシングの他、振込キャッシングに対応。パソコン、スマートフォン、携帯(モバイル)、電話から簡単に手続きを済ませることが可能です。
地方銀行や信用金庫は振込融資に対応していないことも多いため、利便性なども含めてメリットを比較するのがおすすめです。


返済は提携ATMからの入金もしくは口座振替、指定口座への振込みを選ぶことができます。口座からの自動引落については三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の預金口座が必要です。

口座からの引き落としだけでなく、いろいろな返済方法が選べるのもモビット(モビットカード)の魅力でしょう。


お申し込みは来店不要、電話・郵送なしのWEB完結申込が便利。この他にも少ない入力項目で融資可能かどうかすぐに確認できるオンラインカード申し込みにも対応しています。
審査は早ければ10秒、最短1時間での契約も可能と早さがメリット。モビット(モビットカード)は早さに違いを感じる商品です。


高額な借入ならモビット(モビットカード)がお得!?

モビット(モビットカード)は三井住友銀行グループに属する消費者金融。三井住友銀行でもカードローンの取扱いがあるため、モビット(モビットカード)との違いを比較してみましょう。

三井住友銀行カードローンは限度額800万円。融資利率は年率4.00%〜14.50%となっています。こちらも最短30分審査、状況によってはカードの即日発行も可能とスピーディーな商品として人気です。


モビット(モビットカード)の限度額は最高500万円ですが、限度額500万円で三井住友銀行カードローンを契約した場合、金利は年率6.00%〜7.00%となっています。

審査状況によって異なるものの、500万円で契約した場合モビット(モビットカード)のほうが金利は低くなる可能性があります。
500万円の契約ならモビットが金利がお得

200万円以下のご契約の場合は、やはり銀行系のほうが金利は安いです。しかしその分審査はきびしめになるため少額融資を希望する方は、利息の支払いか借りやすさどちらを重視するのかよく検討してください。



口コミ評判:オンライン手続きが楽!審査も通りやすい!

借入や返済方法が選べWEBで全て手続きが済むので便利
口コミでは銀行系カードローンは金利が安いことが最大のメリットだと言われています。確かに50万円以下の契約で比較をすると銀行系は3%ほど利率が低い特徴があります。

しかし先ほどお話したように高額融資を利用する場合、実は銀行系カードローンよりもモビット(モビットカード)のほうが利息を抑えられる可能性があるのです。


モビット(モビットカード)は借入・返済方法が選べるのがいい、オンラインでいろいろな手続きを済ませられるのがいいと、口コミでは利便性も評価されています。

限度額は1万円からに対応。審査落ちするだろうと考えていた方も、5万円だけ枠がついたので助かったと口コミがありました。


モビット(モビットカード)のような銀行グループが出資をする消費者金融は、銀行系カードローンと貸金業者のメリットを兼ね備える商品だと口コミで評価されています。モビット(モビットカード)については即日融資可能、WEB完結可能と手続きも簡素化。

少しでも早く資金を用意したい方、1万円でも借りられるサービスをお求めの方におすすめのカードローンです。