限度額って決まってるの?

MENU
限度額って決まってるの?

限度額ってどうやって決まってるの?

カードローンの限度額は申込者の信用度合いによって決定。いかに社会的に安定しており信頼できるかが限度額の大きさに繋がります。限度額は収入だけで決まるわけではありません。

いくら年収が多くても社会的に安定していなければ信用度の評価は低くなり、年収が少なめでも社会的に安定していれば信用度は高く評価されます。


銀行系カードローンは総量規制には該当しないものの、やはり年収の1/3から1/2を超える貸付に対しての審査はかなり厳しく、希望が通る可能性はゼロに近いです。

限度額を希望するときにはすでにある借入残高を合わせ、年収の3分の1を超えないようにバランスを取ることがポイント。
銀行系カードローンでは年収の2分の1を超える限度額が設定されることはまずありません。



次に職業です。パート・アルバイト、派遣の方よりもやはり正社員の方のほうが社会的に安定していると判断されます。また収入額が大きくても歩合制のお仕事の方は若干審査が厳しくなる傾向にあり、限度額が小さめに設定されることが多いです。

この他にも勤続年数も限度額に大きな関わりを持っています。勤続年数が1年未満の方は大きな限度額が設定されることはなかなかありません。金利が低く限度額が大きな銀行系カードローンは勤続年数3年以上申し込みが限定されていることが多いです。

パートやバイトよりも正社員


限度額はこれまでの契約状況や返済履歴にも左右されます。例えば短期間に多数のカードローンに申し込みをしている方はお金に困っていると判断される可能性があり、銀行系カードローンに契約することが難しくなります

。特に借入残高の多い方は銀行系カードローンの審査に通りにくいです。


ただし借り換え・おまとめに対応した銀行系カードローンについては、大きな限度額が設定されることもあります。借換を検討している方は事前にその旨を伝えることで、十分な限度額を用意してもらえる可能性があります。

一方過去に一度も信用取引(カードローンやキャッシング、割賦払い等)を利用したことがない方は返済実績がありません。そのため過去に返済履歴がある方と比較すると、少し小さな限度額が設定されることが多くなっています。


限度額を引き上げることってできるの?

銀行系カードローンに申し込むときには収入と借入のバランスを比較することが重要。小さな限度額ほど審査に通りやすくなるため、審査が不安な方は限度額を小さめに希望することをおすすめしています。

銀行系カードローンは基本的に自動更新となり、一度目の契約期間が終了しても引き続き使い続けることが可能。契約更新の時には再度審査が行われ、特に問題がなければ利用実績に応じて限度額が増額されることがあります。

契約期間は1年から5年と銀行系カードローンによって違いがあります。そのため早く限度額を引き上げたいときはご自身で増額申請を行うことが必要です。審査の結果増額が認められれば限度額を引き上げることが可能です。

ただし銀行系カードローンに契約後すぐに増額できるわけではありません。最低でも3ヶ月から6ヶ月は借入・返済の実績を作ることが必要です。
短期間に何度も増額の申請を行うとお金に困っていると判断されてしまうため要注意。また一度に大きく増額することも避けましょう。



借りられる額が最も高い銀行系カードローンはこれだ!

少しでも大きな限度額で契約したい方におすすめの銀行系カードローンを紹介します。

まず申し込みのしやすさという点で評価されているのが、イオン銀行の「カードローンBIG」。限度額は最大800万円。融資利率は3.80%からととてもメリットの大きいサービスになっています。

イオン銀行特徴

イオン銀行よりも限度額が大きいのがみずほ銀行。口コミを見かけることも多く注目度が高い商品です。限度額は最大1,000万円。融資利率は4.00%となっています。さらにみずほ銀行で住宅ローンを利用の場合、基準金利から金利を年0.5%引き下げとうれしいサービスも見逃せません。

みずほ銀行カードローンは認知度も高く、またすでにみずほ銀行の口座をお持ちの方であればWEB完結可能と手続きの早さがメリット。キャッシュカードにカードローン機能をプラスすることができるため、カード発行の手間もありません。

みずほ銀行特徴

最後に銀行系最高水準のスペックを誇る住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン プレミアムコース」を紹介します。限度額は最大1,000万円。融資利率は1.990%からと驚きの低金利。これほど利率が低いカードローンは他には無く、高品質のサービスを求める方におすすめです。

プレミアムコースについては特に年収額や勤続年数は限定されておらず、どなたでも安定継続した収入があればどなたでも申し込み可能。条件を満たせばさらに金利が優遇されるため、少しでもメリットの大きいサービスを求める方はぜひ申し込み内容を確認してください。

住信SBIネット銀行特徴

紹介した銀行系カードローンの利用には、預金口座の開設が必要です。どの銀行系カードローンを選ぼうか迷っている方は、先に口座開設の手続きだけでも済ませておくのをおすすめします。